患者会について

患者会および予防医療勉強会について

①患者会について

○患者会の目的とは
1.患者会の会員は、状態に合わせて全ての分野の医療(これを統合医療と定義する)の有用と思われる情報を医療相談会やセミナー等で提供され、現時点で最善と考えられる治療法をご自身で選択する機会をもつことができるようになります。

2.患者会に関わる全員が家族としてお互いに助け合い、たとえ厳しい状況でも幸福感を得られるようにすることを、常に患者会に参加する時に念頭に置くことが一番重要な目標になります。

3.もし会員が患者会で有用な情報をえたと確信すれば、我々の取り組む統合医療が日本全体に広がり、その結果医療が改善・進展していくように、それらの有用な情報を周囲の人にできるかぎり伝えていくことを努力していただきます。

4.統合医療を行うことで病気が治癒、改善もしくは患者ができるだけ良好な状態を保つために、どのように統合医療を組み合わせると良いのかを現場の結果をみながら我々が解析するため、会員はカルテに結果を具体的に記載し我々に報告していただき、次の世代の統合医療のレベルがあがることに貢献していただきます。

○患者会の方針とは
統合医療とは、西洋医療や補完代替医療のいいところを組み合わせて、病気をできるだけ改善する方向のもっていく、もしくはそれが困難であっても苦痛なく幸せな気持ちで過ごせるようにする医療です。西洋医療は悪いところを直截に治療するやり方であり、特に急性期や状態が厳しい時には必要ですが、生活習慣病を根本的に治すものではなく対症療法になります。そのため、必要なときに副作用がでない程度に行うことが肝要です。
 また、西洋医療は病状を明確に検査するのに長けているのと病状が厳しい時には必要なので、できるだけ西洋医療と接点を持ちつづけることが望ましいと思われます。補完代替医療は、自然治癒力をあげ病気の根治につながる可能性があるので、病気になった最初からたとえ病室おいてでも、できることを徹底して行うことをお勧めします。

○患者会の具体的な内容
1.患者会の病気の種類
癌、脳腫瘍、精神疾患(発達障害も含む)、認知症、それ以外の統合医療の適応のある生活習慣病(痛み、自律神経失調も含む)

2.病気になった最初から統合医療をやっていただくには?
患者会に入っていただいた後、もし入院が必要で他の病院にかかっていなければ適応があれば駒込病院に入院していただき、篠浦が補完代替医療に関してご説明し、ご希望するものをお手伝いします。駒込病院への入院が難しければ、入院した病院の病室でできることを、やれる範囲で行うようアドバイスします。患者会には、個別にアドバイスを行う医療相談会、講師や篠浦の行うセミナー、および会員同士で情報交流を行うコミュニティーがあります。これらのアドバイスは医療相談会で個別に詳しく行うか、セミナーとコミュニティーで、難しければ私の駒込病院の外来で短時間にはなりますが行います。医療相談会は適宜開催し、6名になれば次の開催時にきていただくことになります。セミナーは患者会の新入会が15名になれば逐次キックオフセミナーを行い、患者会の概要をご説明します。それぞれの患者会のセミナー、コミュニティーも入会した人数に応じて適宜開催します。開催に関してはホームページをご参照の上、お申し込みください。

3.どのようなアドバイスをするか。
過去の篠浦塾でセミナーを行い、結果を出していると我々が考えているオプションのリストを基に、食、身体(睡眠も含む)、生き方(脳の使い方)に関するアドバイスを行います。そのオプションを書いたオプションリストの中で●がついたものは、患者会の会員であれば割引等の特典が受けられるようになっています。
食に関しては、メタトロンを使用してどのような食が合うのか、どのようなスーパーフードが合うのかを検討することも可能です。なお、提供するスーパーフード等は、ネットワークビジネスとは関わっておりません。身体へ行う統合医療(へそ按腹、足裏等)に関しては、病室や自宅でご自身もしくは周りの人ができるようにお教えします。患者会の会員はカルテを記載し、定期的に結果を報告していただきます(目安は、急性期は1月おき、亜急性期は3月おき、慢性期は半年おき)。経過(結果)報告の情報は、本人の同意のもとに必要によりコミュニティーにおいて会員同士でシェアしていただくこともあります。それにより会員同士で励みになり、効果を高めることが期待できます。提出して頂いた報告は、篠浦の著書や協会のホームページ等で公開する場合もあります。その場合はご本人の承諾の上、匿名で公開するなど、プライバシーの保護に努めます。また医療相談ご希望の方のうち希望者は脳活用度診断テスト(無料)を受けていただき、医療相談会で我々がカウンセリングをすることもできます。アフターフォローは後述する。上級予防医療アドバイザーが中心になって面談等で行います。予防医療セミナーに参加ご希望であれば割引があります。

(注意事項)
1. 我々は病状が改善する可能性が高いと考え様々なオプションをおすすめしますが、おすすめした治療法の中で何を選択するか、そしてそれに起因した結果に関してはすべて患者および関係するご家族等の責任のもとに行っていただきます。患者会でアドバイスしたスタッフには、それらに対してなんら責任は生じないことをご了承ください。

2. 患者会は特定の人のお金儲けではなく患者に幸せなっていただくためにあるので、患者会のセミナー、コミュニティー等において、自分の利益になる商品の勧誘を行わないでください。同様に、患者会は家族的な運営をするのが非常に大事なので、周囲の人に不快感を与え和を乱すような言動は慎んでください。
3. 患者会で提供された情報は、許可なく外部(一般)へ公開しないようにしてください。
4. (目的)や(注意事項)の内容に反した場合は、退会していただくことがあります。
5. 患者会を運営するために、必要経費をいただきます。現在年会費1万円(半年であれば6千円)、セミナー+コミュニティー代2千円、医療相談会 3 千円を予定しています。

②予防医療勉強会
(理念)
1.資格を受けるための勉強をすることで、自分もしくは周囲の人の状態に合わせて全ての分野の医療(統合医療)の有用な情報の提供を受け取り、最善と考えられる予防法、治療法をご自身で選択することができる。また健常者においては予防医学の情報を提供し、幸せに人生を送る手助けすることを目標とする。
2.資格者全員が家族としてお互いに助け合い、たとえ厳しい状況でも幸福感を得られるようにすることを常に念頭に置く。
3.我々の取り組む統合医療が日本全体に広がり、その結果医療が改善・進展していくように、統合医療の知識を学び実行していくメンバーの育成を目標とする。
4.統合医療を行うことで病気を予防、もしくは病気の人が周囲にいれば治癒、改善もしくは患者ができるだけ良好な状態を保つために、どのように統合医療を組み合わせると良いのかを現場の結果をみながら解析し、それを基にさらに組み合わせを改善する。それらの結果データを書籍等で発表し、より良い統合医療を広めることをめざす。

(何をするのか)
ご自身やご家族の健康維持、またご家族に癌などの病気があり病院や自宅で施術したい等健康に興味がある人に対して予防医療に関する情報を伝えることを目的としています。

1. セミナー:
6回シリーズで篠浦先生が最初の 1 時間、次の 1 時間をゲスト講師で癌(ほかの生活習慣病すべてに共通する内容)および発達障害を含む精神疾患になったときに病院や自宅でどうするのかを実践的に話していただく)、残り 30 分を機器を使った実践指導(メタトロン、三井温熱、アルファースリーム、cellpower、ラドン吸入、水素吸入、minion5等予定)を行います。セミナーを撮影してオンラインでも勉強できるようにします。

2. 資格:
○初級予防医療アドバイザー
勉強会全6回受講(オンラインも含む)と「統合医療の真実」または「脳から見た日本精神」の感想文および資格をどう活用するかの計画書を提出していただいければ修了証を受けられるとともに、初級予防医療アドバイザー資格が取得できます。資格取得後も勉強会再受講は可能です(参加費割引)。アドバイザー更新セミナー(篠浦先生、特別講師によるセミナー、アドバイザーによる活動発表、対話会)に年に一度参加し活動レポート提出で資格更新するようにします。資格取得者は一般の人を対象にアドバイスが可能です(自己責任で)。そのときに協会が認定した患者会のアドバイザーからのアドバイスを受けることも可能です。
○上級予防医療アドバイザー
篠浦先生がアドバイザーとしてふさわしいという判断で認定します。
資格取得者は患者会での患者、健常者へのアドバイスが可能になります。

3. 病気になると、希望者は患者会に入会しさらに詳しい情報をえることができます。

(注意事項)
1.我々は健康維持もしくは病状が改善する可能性が高いと考え様々な情報を提供しますが、おすすめしたものの中で何を選択するか、そしてそれに起因した結果に関してはすべてご自身の責任のもとに行っていただきます。予防医療勉強会でアドバイスしたスタッフには、それらに対してなんら責任は生じないことをご了承ください。

2.予防医療勉強会は特定の人のお金儲けではなく皆さまに幸せなっていただくためにあるので、セミナー等において、自分の利益になる商品の勧誘を行わないでください。同様に、予防医療勉強会は家族的な運営をするのが非常に大事なので、周囲の人に不快感を与え和を乱すような言動は慎んでください。

3.患者会で提供された情報は、許可なく外部(一般)へ公開しないようにしてください。
4.(理念)や(注意事項)の内容に反した場合は、退会していただくことがあります。
5.患者会を運営するために、必要経費をいただきます。予防医療勉強会受講料3千円(資格取得者2千円)、現在初級アドバイザーは年会費1万円(途中入会月千円)、資格認定料 5 千円、患者会も入会するのであれば両者2割引きを予定しています。